遅れ先立つほどへずもがな

  きらきら輝き覚えた 君を見上げるように

ホームページ公開しました

いつまでたっても完成しないので暫定版として連絡先だけを書いたホームページを公開しました。事務所の場所もあります。
公開は6月19日の午後でしたが、今日21日になっても検索(Google、Bing)ではヒットしません。永遠にヒットしないかもしれませんが、心当たりがある方はもう少したったら名前+何かで検索してみてください。事務所が入ったビルの写真が出てきたら正解です。ちなみに場所は大阪市内です。

(6,810)

 

携帯電話番号を契約するにはマイナンバーカードのチップ読取が必須(非対面の場合)が意味する管理社会

個人資産をマイナンバーで名寄せするのが最終目的だと思っていたのは今から考えると楽観しすぎでした。携帯電話番号の契約にマイナンバーが必須ならば、私が友人のAさんと「今の政府は税金取るのが好きだねえ」とか批判的なことをスマホで会話したら、その発信をした電話番号からマイナンバーすなわち私が特定されてタイーホされるという世界が現実的になって来そうです。しかもオフに設定していてもスマホは位置情報を詳細に追跡・記録しているらしいので、今いる場所まで筒抜けになるんですね。
チップの読取が非対面契約では必須ということが、マイナンバーとどのように関連するのがイマイチわからないので、まあ最悪の場合ということですね。そうではないなら、賢い人にしかわからない方法でも何でもいいですから、詳細に解説してほしいです。「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」を読んでみても、どうもそのあたりは理解できないのです。
通信の秘密があるから大丈夫という意見には、現在でも特定のIPアドレスに接続していると警察に通報する通信会社が関西地域にあるやに聞いていますので、秘密などありはしないというのが常識ではないでしょうか。ましてやライン(⤴:注意環境依存文字)だとご丁寧にキーロガーまで仕組まれているという噂もあるくらいですからもう終わっていますね。

(6,805)

 

幕引きと原因の点描

「もう 終わりだね 君が小さく見える」という歌詞がありますが、まさにこれですね。
原因はいろいろあるのでしょうが、思いつくものをランダムに書きますと、
・儲け主義に走るばかりに善良なファンを駆逐して、結局推しが売れることでマウントを取りたい無主体性ファンと炎上野郎とストーカーだけが残った
・期別売りに拘り、箱としての魅力を失った
・さらに各メンバー自体がこれ以上売れなくてもよいと考え、積極的な営業活動をしなくなった。外仕事以外では何をしているのかもわからなくなった
・いい子ばかりだが飛び抜けた魅力を持つメンバーがいなくなった。魅力を持つメンバーから卒業してしまう
・相変わらず閉塞感に満ち溢れた選抜を行っている。あるいは意外でかつ残念な選抜を行っている
・なぜかいつまでも中国に市場を求めようとする
・注目を浴びるのは着衣を身ぐるみ剥がされるときのみ(他も似たようなものだが)
・卒業興行を主たる事業としている。いつも卒業があって、残るメンバーによる個人崇拝的発信(ブログ・雑誌など)が白々しい
・中心メンバーが忙しすぎて村内仕事のための準備時間がなさすぎ。新曲発表後のパフォーマンスが最低。MVの意味も不明で作りこみが雑すぎる
・最大の努力を行わなくても、また最善の経営をしなくても現金収入が潤沢なので誰にも危機感や緊張感がないように見える
それぞれの要素は独立ではなくお互いに関連するので、要素の数だけ弱くなるというものではありませんが、有名大企業が突然死する前の過程を忠実に再現しているように思えてなりません。
6期生で復活するのか。復活させようと考えているのか。復活させるメンバーが集まるのか。結局またいい子ばかりを採用して、適当にお茶を濁した経営をして、最後は身ぐるみ剥がして集金して終了を繰り返すように思うなというのが無理でしょう。
どこに楽しみがあるのでしょうか。

(6,800)

 

自分に直接関係しない各論に反対するために総論に反対する

昔から私には嫌いなものがあります。それはゴルフとスキーです。
実はゴルフは避けがたい理由から一度だけ職場の会に参加したことがあり、スキーも友人の計らいで何度か出かけたことがあります。しかしながら、私がゴルフ万歳、スキー万歳と思ったことは一度もありません。
なぜなら、それは多くの場合ゴルフ場なら山裾の、スキーなら山肌の木をほとんど伐採して、自然の景観を著しく破壊するからです。信州地方の美しい山々も例外ではなく、例えば霊峰御嶽山(おんたけさん)にも二つのスキー場があります。柳又ビューポイントなどの展望台から見ても、山の両脇に人工的なスキー場の景観がはっきり見えます。雪のある時期にはそこは白く塗りつぶしたようになっているため、スキー場の存在がさらにはっきり見えます。夏季であれば草地になっているため冬季ほどには目立ちませんが、人の手によって山の景観が変更されている様子は見ていて気持ちのいいものではありません。
最近問題になっているメガソーラー(大規模太陽光発電所)はどうでしょうか。私は嫌いですが、皆さんは太陽光発電が大好きですので、もちろん山肌を削って雑に建造されるメガソーラーが大好きなはずですよね。利用者からみた電気料金の一部である再エネ賦課金もそれの相当部分が外国系企業の収入になっているとしても皆さん喜んで支払いますよね。再エネ賦課金を含んだ電気代が高いなどとは絶対言わないはずですよね。
ちなみに私がいた職場ではボス(なぜ彼が永続的に力を持っていたのか今でも不明)が異常なゴルフ好きだったので、それを頑なに断っていた私は飛ばされたわけですが、今となってはよくぞ頑張ったと自分を褒めてやりたいくらいです。
メガソーラー(や風力発電所)に関しては、FITの制度設計(特に建設時期が後方にずれた場合にも買い取り料金が保証されるところ)と恫喝大臣一派による規制改悪(建築基準法、電気事業法逃れ範囲の拡大)のために業者のやり放題になっているところに大きな問題があるのですが、太陽光にしろ風力にしろ極力拡大する国の計画がある以上、方法論に抜け道があれば、易き道に皆流れますよね。仕方ないとも言えるでしょう。
郵政破壊大臣の系統のポリ袋殲滅大臣や特定カードごり押し大臣(別名多い)がもし総理大臣になったら、この国は滅びますな。意味ないことをやるか、国益に反したことをやるかの違いはあっても。
ところで、シャープの堺工場がデータセンターになり、併設で原子力発電所ができるとしたら、表題に書いたようなことを言っていられるかなあというのが、目下の私の問題意識です。(笑)

(6,798)

 

内外料金差

おもてなしと称して安価な労働力や物価で外国人にサービスしているせいで、日本人の生活の質が著しく毀損されている問題で、いわゆる外国人料金を設定してはという議論があります。私は料金の区別を付けるのはオペレーション上の都合で問題が多いと思いますので内外無差別の入国税(以前示した例では1万米ドル相当)が好ましいと考えます。
さて、最近SNSに押されて元気のない某巨大掲示板の議論で、「入場料を徴収しない神社は仕方ないが寺は5,000円取ればいい」(通常拝観料という名目になっているようですが)という意見がありましたが、この水準は例えば奈良にある法隆寺の拝観料1,500円とほとんど変わらないので意味がないと思います。いやむしろ拝観料という名前から類推される「信仰のために入山するための料金」という意味からはこの日本に住む者にとっての1,500円は高すぎるのであって、信仰の目的でない入場には1万5千円くらい徴収し、信仰が目的(一応入場の際に踏み絵などの判定基準をもうけるものとする)ならば、拝観料自体はもう少し安く(ちなみに京都の金閣・銀閣はそれぞれ500円)してもよいのではないでしょうか。(なお、価格差を設けるのは私有地に限るのは言うまでもありません。メンバーとそうでない人の料金差が合法であるように。)
いずれにしても、インバウンドで儲けている者が一部(しかも外国人が多いと聞きます)であり、その地域の生活者にはメリットよりもデメリットが大きい今の状況は異常であって、早急に外国人の日本観光は馬鹿高い料金にすべきだと思います。そうすることで数と質をコントロールすることにより私たちの生活を改善できると思います。
そして、大阪メトロの狭いホームや通路で広がってふざけながら歩いている外国人を駆逐しようではありませんか。ここは遊園地内部空間ではありませんから。

(6,798)

 

だれかが主役

今日は2か月に一回の診察の日で、病院に出かけてきました。
検査の結果はよくなかったのですが、これは日々の生活で感じていた予想値と一致していましたので、そんなものかなという印象でした。毎日の計測値から治療(?)の計画をワードでA4一枚ちょっとにまとめ、それを担当の医師に確認してもらって薬の種類と量を調整して出してもらいました。改善する見込みは50%くらいかなと予想しています。
それはともかく、診察の時に医者を補助している事務員の女性が診察後に計測センサーの数はこれでよいか、先生は半分でも出せると言っている(たくさん処方すると当然薬代が高額になるのでどうしますかということだと思う)と聞きに来てくれました。当人は若いお嬢さんで私からはどう見ても子供なのですが、働いているのだから18歳か22歳かそのあたりに違いないはずです。お嬢さんが聞いてくれている内容も直截的かつ断片的すぎて最初は意味がとれなかったのですが、これとこれを半分にするということですかというようなお年寄りにもわかる言い方にこちらで変換して確認し、安全サイドということで多めに出してもらいました。
その内容よりも子供が働いている(いや上で説明しているように私がそう感じているだけ)ということに衝撃を受けました。もはや我々は消えゆく世代であり、これからの世界は彼女たちにより切り拓かれて行く(または滅亡する)のでしょう。
それにしても現在の日本は、彼女たちが冷静に自分の将来を考えたならば、おそらくわずかな希望も持ちえないものであると思料します。この国が安い労働力を提供して外国人の接待に忙殺されたり、原子力発電所の再稼働を妨げることによって巨額の国富が海外に流出したり、外国の思惑通りに日本を衰退させることに政治家が関与したり、税金を極限まで増加させることに政府も大企業も血道をあげていたりする状況が少しでも改善すればいいなと思います。
もう私たちにそれをコントロールする体力は残っていませんので、彼女たちが自身で日本を変えていかなければならないのでしょう。無責任なようですが、当方は医療関係の費用(健康保険税+医療費)を払うことで疲弊し切っていますから。生涯3割負担(あるいは更に負担が増える可能性もある)だと年金の半分は医療関係で消えてしまう蓋然性が高い状況です。死にかけているものはそれに抗うために働らいて稼がなければならないということです。でも少し立ち止まって考えるとそれは彼女たちの50年先の未来でもあります。将来に備えて投資性の資金を蓄積すると、それにより諸税が爆増して、結局将来の可処分所得が減ってしまうかもしれません。それも含めて、いろいろな選択肢の中から人生を選んでほしいものです。地球にやさしいだとかジェンダー選択の自由がとか見かけのSDG’sだとかそれもまた重要なのかもしれませんが、それで直接的に死ぬことはないでしょう。もっと本質的なことに、もっと若い世代だからできることに取り組まれるとより経済に裏付けされた精神的に豊かな未来が実現するかもしれません。我々とその祖先がこの直前の25年間を除いてその前の50年間程度にしてきたように。

(6,795)

 

りなし ショートカットになる!

これは反則。似合い過ぎる。可愛すぎる。
何だか次も四期生センターかなあ。
私の中では乃木坂も5期生センターの予定だし。もちろんあーやで。現時点でのおそらく最強のライバルはあやめさんですね。

(6,791)

 

Nice to ME to YOU

岬なこさんのBlu-ray「1st LIVE Nice to ME to You」が昨日発売されていたのをYouTubeを見ていて発見しました。すかさずヨドバシに発注かけました。一応店舗受取りということで...
今日(いやこのところ)株が爆死状態なのに、Blu-rayなんか買っていていいのかという邪念が一瞬頭を過ぎりましたが、私の指がクリックするのを止めることはできませんでした。

(6,786)

 

安楽死の権利と義務

X(旧ツイッター)のリスト(トレンドというのでしょうか)で安楽死が流れていますね。
個人の立場で考えればもっともだと思うと同時に、もし安楽死の「権利」が認められたら、今の政府なら確実に「権利」の行使を仕向けるための政策を全力で進めてきて、結局のところ安楽死の「義務」に転化するのではと心配するところです。
だって、今のほとんどの問題を解決するには今範囲を拡大することが検討されている「高齢者」と身体的、精神的に健常ではなくなった人がどんどん死んでいくのがベストですよね。目的関数がそうである以上、手段はこれを実現するものが最適な方法ということになり、働かざる者生きるべからず精神がサイコー!になるはずですから。
関係ないかもしれませんが、先が長くない高齢者に高度な手術を施す目的は若手医師の技能を向上させるためという噂を聞いたことがあるように思います。高齢者をガンガン勝手に死なせていったら、助かる若者の命も短くなるかもね。ああ、これは冗談です。
生き難い世の中になりましたね。

(6,766)