二つ折携帯

NTTドコモさんが、度々「二つ折携帯は突然データが消失するかもしれない」というような怖い文書を送りつけてくるので、私は二つ折携帯なんか持っていないのに不思議なことだと思いながらも、FOMA契約を維持し続けている(そしてスライド式のガラケーを使用している。ちなみに壊れたときの代替機も2機確保している。バッテリーの新品予備もある)ので脅されているに違いないと感じ、FOMA契約を解約しました。

MNPによる転出処理をすればすべての解約が一気にできると聞いたので、現在使用中のガラケーから電話してMNPの予約番号をという話をすると、オペレータのお姉さんが不機嫌そうな早口で契約中の電話に掛け直しますのでお待ちくださいと言うのです。ドコモ契約の電話機から掛けているのに珍妙なことを言うなと思ったら、ふと私が発信番号非通知で掛けているのでそのような次第になるのかと気づき、その旨をお姉さんに伝えると、番号通知で掛け直してくださいガチャという感じで恐ろしいほどの不機嫌さで電話を切られました。

解約するのだから仕方ないかなと思いながら、気を取り直して発信番号通知モードで掛け直すと今度はお兄さんの声で繋がり、終始優しく分かりやすい口調で手続きは無事終了しました。人によって応対はこんなに異なるのかと改めて感心した次第です。

というわけで無事ドコモが言うところの「二つ折携帯」を卒業し、スマホに移行したのですが、単に音声通話機能がガラケーからスマホに移っただけで、ガラケースマホの2台持ち(正確には会社のスマホも携帯しているので3台持ち)状態から1台持ち状態へと遷移したわけです。

ただ、これまで使用していたASUSのZenfone4 MAXは電池の持ちに不安がありましたので、結局Motorolaのmoto g31(ベイビーブルー!)を新規調達し、これに音声+データ通信を集約しました。待ち受け状態だと朝から夜まで放っておいて電池の減りが3%というような信じられない程の電池持ちです。もっともLDACでTWSに接続し動画を見たりするとぐんぐん電池が減っていくのですが、まあ1日の充電量には不安がなさそうでとりあえずはこれで生活できそうです。えっ、なぜ型落ちのmoto g31なのか?と聞かれそうですが、機能と価格を考慮した結果がこれになっただけです。中華製ですが気にしないことにしています。前機種も台湾の会社が中国で製造したものですし。もうじき、無収入(=無職)になる予定の私に相応しい買い物と言えるでしょう。

Gメールは同期で移行できましたが、大量のアドレスが入ったoutlookは面倒なのでまだ移行できていません。VLCプレイヤーが意外と面倒で、ビデオフォルダの指定や、音声遅延の調整などに時間がかかりました。スマホの引っ越しは何度もやりたい作業ではないですね。

ドコモは卒業しましたが、行先がmobile oneですので結局のところドコモとの関係が完全になくなった訳ではないのがちょっとあれですが、まあいいでしょう。なお携帯電話の維持費(通信費含む)総額は月500円から1000円程度安くなる見込みです。

(690)